全く新しい発想のアスベスト除去・封じ込め工法

SKK工法とは

  • HOME »
  • SKK工法とは

SKK工法は、健康被害のリスクの高いアスベスト除去工事において、作業者が粉じん領域に入ることなく施工できる新しい発想の工法です。

SKK工法では、除去対象となる部位を囲むように、全体ではなく部分的に遮へい膜で覆い、内部を負圧に保ちます。遮へい膜に取り付けられたスライド装置付き作業スペースに、作業者が上半身または腕を清澄空間から挿入し作業を行います。作業者はスライド装置により作業を容易に移動させることが出来、作業効率の向上もはかることができます。

NETIS(国土交通省新技術情報システム)での概要説明情報 >>

 

SKK工法の仕組み

SKK工法は、限定して除去空間を養生するため、セキュリティゾーンが不要。遮へい膜に装備したスライド装置により、作業箇所を自由に移動可能。部分隔離(遮へい膜)設置状況SKK工法によるアスベスト除去作業状況

お気軽にお問い合わせください TEL 098-898-2098 受付時間 8:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社球建設 All Rights Reserved.